年齢ごとの予防|【小野寺歯科医院】一関市地主町の歯科・歯医者

お口の予防ケアから
全身の健康へ

一関市地主町・小野寺歯科医院
お口の常識はまちがいだらけ?
歯科医師がしっかり解説します。

歯周病は全身に影響します!

  • 脳血管疾患
  • 肺炎
  • 心疾患
  • 糖尿病
  • 早期低体重児出産
  • 骨粗しょう症

歯周病はお口の中だけではなく、全身の健康にも深く関わっています。たとえば誤嚥性肺炎は、食べ物といっしょに歯周病菌が気管に入ることで発症しやすくなります。また歯周病菌は、歯ぐきの毛細血管から血中に入り込んで全身をめぐり、脳血管疾患や心疾患など重篤な病気を引き起こすこともあります。
お口の健康はもちろん、全身の健康、ひいては命を守るためにも、歯周病の予防・早期治療に努めましょう。

年齢やお身体の状態に合わせた
予防をおすすめします

妊娠中

一関市地主町・小野寺歯科医院
赤ちゃんのためにも、
お母さまの予防ケアを

妊娠中はつわりで歯磨きがしにくくなったり、女性ホルモンの影響から、通常よりもむし歯や歯周病にかかりやすくなります。
妊娠中の歯周病は、子宮の収縮が誘発されることから、早産や低体重児出産のリスクを2倍~4倍も高めることが報告されています。また、お母さまにむし歯があると、生まれてきた赤ちゃんのお口にもむし歯菌をうつしてしまう可能性が高くなります。
赤ちゃんのため、そしてお母さまの笑顔のためにも、妊娠中の歯科検診を受けるようにしましょう。当院では、お身体に障りのない範囲で歯科検診・歯科治療を行っております。院内は段差の少ないバリアフリーになっていますので、安心してご来院ください。

乳幼児

一関市地主町・小野寺歯科医院
乳歯もむし歯から
しっかり守りましょう

「乳歯はすぐ抜けるから、むし歯になっても大丈夫」と思われがちですが、永久歯が生え揃うのは12歳頃。その間、成長に必要な栄養の吸収を助ける、正しい発音を助ける、顔の形を整える、永久歯がまっすぐ生えるように導くなど、乳歯は大事な役割を果たしています。
乳歯がむし歯になったり、早く抜けてしまったりすると、お子さまの発育や永久歯の歯並びにも悪影響を及ぼします。
しかも乳歯は非常にむし歯になりやすいので、生え始めたらすぐにむし歯予防を始めましょう。歯ブラシを嫌がる場合は、ガーゼで拭き取るだけでも大丈夫です。遊びやスキンシップの一つとして、楽しく習慣化しましょう。

幼児期

一関市地主町・小野寺歯科医院
歯磨きの練習と仕上げ磨き

幼児期にはミルクを卒業して、砂糖の入ったおやつをはじめ大人と同じような食べ物を食べるようになります。しかし、大人の歯に比べて乳歯は非常にむし歯になりやすいので、丁寧な歯磨きが欠かせません。
この時期は、お子さまの歯磨きの練習と保護者の方の仕上げ磨きをセットで行いましょう。仕上げ磨きはストレスにならないように、歌を歌ったり、数を数えたりすると、お子さまもがんばってくれます。
また、この時期に大人からむし歯菌を感染させないことも大切です。箸や水筒の共有を避け、ご家族もむし歯のない清潔なお口にしておきましょう。

おやつによる栄養補給

お子さまは、一度に食べられる量が少ないため、食事だけで栄養を十分に摂取するのは難しいもの。そのため、おやつで栄養を補うことをおすすめしていますが、おやつの与え方には注意が必要です。
ポイントは、「ダラダラ食べないこと」と「砂糖を摂り過ぎないこと」。おやつの時間を決め、フルーツや焼き芋など、なるべく自然の甘さを取り入れましょう。

小学生

一関市地主町・小野寺歯科医院
生え始めの永久歯は
むし歯になりやすい

小学生になると、順番に乳歯が永久歯に生え変わっていきます。永久歯は本来は乳歯よりも固く強いのですが、生え始めの永久歯は柔らかく、かんたんにむし歯になってしまいます。
一生使う永久歯をこの時期にしっかり守るために、毎日の歯磨きと歯科医院での予防ケアが欠かせません。保護者の方の仕上げ磨きも、小学校の中学年くらいまではしてあげるのが望ましいでしょう。
小学校では歯科検診がありますが、なるべく検診でむし歯を指摘される前に、3ヶ月に1回程度の歯科医院での予防ケアをおすすめします。

むし歯から歯を守る
フッ素塗布とシーラント

フッ素塗布とは

フッ素には、歯質を強くしたり、むし歯菌のはたらきを抑えたり、溶けた歯の修復を促したりする効果があります。もともとフッ素は自然界に存在する物質で、食べ物にも含まれていますので、お子さまのお口に入れても安心です。
歯科医院で使用しているフッ素は、市販の歯磨き粉などに含まれているフッ素よりも濃度が濃く、高いむし歯予防効果が期待できます。

シーラントとは

シーラントとは、むし歯になる前に奥歯の溝を歯科用プラスチックで埋めてしまう予防法です。
奥歯の溝は食べ物が詰まりやすく、歯ブラシも届きにくいため、とくにむし歯になりやすい箇所です。そのため、奥歯が生え始めたら早めにシーラントで蓋をして、むし歯から守ってあげましょう。保護者の方の仕上げ磨きも楽になります。

思春期

一関市地主町・小野寺歯科医院
小学生よりも
むし歯や歯周炎に要注意

思春期には保護者の方がお口の中を見ることもなくなりますが、じつは小学生よりもむし歯・歯周炎が増える年代です。
部活や塾通いなど忙しい生活で歯磨きがおろそかになったり、保護者の方の知らない所で間食していたり、炭酸飲料やスポーツドリンクを好んで飲むようになったりと、お口の中がむし歯菌にとって都合の良い環境になりやすいためです。さらにホルモンバランスの乱れから、歯周炎も起きやすくなります。
この時期はむし歯・歯周炎になりやすいことをお子さまにも自覚してもらい、お口のケアと合わせて規則正しい生活を心がけましょう。

青年期

一関市地主町・小野寺歯科医院
充実した生活のための予防ケア

20代~30代は仕事もプライベートも忙しく、歯科医院に通う時間がないという方も多いでしょう。しかし、忙しいこの時期こそ定期的に歯の健康チェックをしておくことが大切です。むし歯・歯周病は放置するほど治療するときに通院回数が増え、お金も時間もかかってしまいます。
また、この時期に歯のメンテナンスができていたかどうかで、シニア期のお口の健康状態や歯の残存数が変わってきます。未来の自分に恨まれないよう、しっかり歯を守っていきましょう。
日中に歯磨きできる時間がない方は、夜はデンタルフロスも使って歯の間まで丁寧に掃除するなど、ご自分に合った方法を見つけてみてください。当院でも、患者さまに合わせた予防ケアをアドバイスしております。

40歳以上の方

一関市地主町・小野寺歯科医院
80%以上の人が歯周病に

「毎日歯を磨いているから、歯周病にはならない」
こう思っていませんか?
毎日歯を磨いていても必ず磨き残しはあるため、歯周病になることがあります。実際に、40代以上では80%以上の方が歯周病に罹患しているといわれ、この年代から歯周病で歯を失ってしまう人も増えてきます。
歯周病は自覚症状が少ないため、自分で気がつきにくい病気です。忙しくても、歯科医院での定期検診やクリーニングを受けるようにしましょう。
この年代から増える糖尿病が歯周病と密接な関係にあるように、お口と身体の健康はつながっています。いつまでもすこやかに過ごすためにも、お口の予防ケアに取り組みましょう。

定期検診について

定期検診は面倒に感じると思いますが、これほど効率の良い方法はありません。痛くなってからの治療では歯を削ることになることが多く、再発を繰り返したり、義歯を作ったり、より多くの時間やお金を費やすことになるからです。
当院では皆さまの歯を守るため、3ヶ月に一度のご来院をおすすめしております。

定期検診で行うこと

  1. 1問診

    一関市地主町・小野寺歯科医院

    お口の中の診察、レントゲン撮影、歯周病の検査などを行い、お口の状態を把握します。さらに患者さまから、お口についてのお困りごとや気になることをじっくりうかがいます。

  2. 2クリーニングと歯磨き指導

    一関市地主町・小野寺歯科医院

    予防のプロである歯科衛生士が、専門の機器を使ってお口の大掃除をさせていただきます。歯ブラシでは落とせない汚れまで除去するため、お口がすっきりします。
    さらに、ご自宅の予防ケアの基本となる歯磨き指導も実施。まずは、普段の磨き方で磨き残しが多い箇所を確認し、歯並びに合った磨き方、デンタルグッズの使い方などもアドバイスいたします。

プロによるお口のメンテナンス

スケーリング

磨き残してしまった歯垢は、いずれカチカチに固まって硬い歯石になってしまい、ご家庭では落とせません。スケーリングでは、スケーラーと呼ばれる専用の器具を使って、歯周ポケットの奥の歯石まできれいに取り除きます。

PMTC

PMTCとは、プロによる徹底的なお口のクリーニングのことです。専用の機器と薬剤を用いて、歯ブラシでは落としにくいバイオフィルムまでしっかり除去します。歯の表面がツルツルになるため、汚れが再付着しにくくなります。

おうちでできる予防ケア

歯磨きは、1年のうち365日行う予防ケアです。じつは、1年に数回しかチャンスのない歯科医院でのクリーニングよりも、予防に大きな役割を担っています。
しかし、誰もが毎日行っているにも関わらず、「歯磨きの達人」はあまりいません。1~2分で終わらせていたり、自己流の磨き方だったり、そもそも歯ブラシがお口に合っていなかったり…。
当院では、予防の基本である歯磨きを重視し、患者さまに改めて歯の磨き方をお伝えしています。さらに毎日の歯磨きにプラスして行う予防法もご紹介しています。

歯ブラシは月1回交換しましょう

一関市地主町・小野寺歯科医院

何ヶ月も同じ歯ブラシを使い続けていたり、濡れたまま放置したりしていませんか?
歯ブラシを衛生的に使用するために、毛先が開いていなくても、1ヶ月経ったら交換することをおすすめします。また、使用後は水けをよく切り、風通しの良いところや日光の当たる場所に保管するようにしましょう。
当院では、患者さまに合った歯ブラシや歯磨き粉の選び方のアドバイスもしていますので、遠慮なくご相談ください。

デンタルフロスをセットで使う

一関市地主町・小野寺歯科医院

歯ブラシだけでは丁寧に磨いても、約40%の磨き残しがあるといわれています。歯と歯のすき間、歯と歯ぐきの境目の歯垢を除去するために、デンタルフロスや歯間ブラシもセットで使いましょう。

洗口液を使ってみる

一関市地主町・小野寺歯科医院

「朝起きると、お口の中がネバネバしている」と感じませんか?
それは、就寝中にお口の中の細菌が増殖してしまったためです。
就寝前に洗口液を使い、お口の細菌を減らしておくことで、むし歯・歯周病・口臭・お口のネバつきを予防できます。気になる方は、使ってみてはいかがでしょうか。